ゆとり世代の育成強化が会社の未来を変える!

ゆとり世代という言葉が作られてから時代が過ぎ、ついに彼等の世代が新入社員として職場にやってくるようになりました。あまりイメージの良くない言葉だけに、何だか出来の良くない人材がトラブルを起こすような気持

社員が育つために、必要な教育と不要な教育

新入社員の教育、特に入社時から3年目までの社員の指導は重要です。昨今の新入・若手社員の傾向を理解し、研修する際のポイントを把握して研修でありがちな失敗を上手に回避する事が求められます。 理想とする人

50歳を過ぎた社員の活かし方

ベテランと呼ばれる社員は入社依頼長い年月を会社で過ごし、頑張ってきた人たちです。 長い間会社のために汗を流して、モノを作ったり、売ったりして働きながら会社を支えてきました。現場でモノを作ってきた人で

動機付けと適切な評価で、社員はぐんぐん成長する!

仕事をする時に動機を設定する事によって、達成する事ができるように頑張る事ができます。そして努力や工夫を行う事で設定した動機を達成する事ができ、社員として一回り大きくなれます。多くの社員では独自の動機を

社員教育は様々な取り組みと連動して活かせ!

仕事内容にあまり関係のない社員研修を行っても、仕事や作業に活用する事が難しいので、あまり能力を活かす事ができない事もあります。そこで仕事や作業に直結している社員研修を行う事ができれば、すぐに活かす事が

社員教育は焦らず順繰りに進めていくことが大切です

社員教育では最初から深い内容を教えるよりも、簡単なものから順繰りに進めていくことでより理解が深まります。